前へ
次へ

家族葬の仕組みやマナー

お葬式は家族や親しい人が亡くなった時等に参列する事になりますが、家族の方が亡くなった時等のお葬式に家族葬を選ぶ事ができます。
家族葬は通常のお葬式よりもコンパクトにできる特徴があり、お葬式に呼ぶ方は、家族や親しい知人等の限られた人になるので、通常のお葬式より故人に寄り添った時間を作る事もできます。
家族葬の流れは、通常のお葬式と余り変わらず、通夜を行った翌日に告別式を行ってから、火葬をする流れが多いです。
日本は少子高齢化が進んでいますし、昔よりも地域の方と日常的に触れ合いを持つ機会も減ってきたので、親しい方達だけでお葬式をした方が、トラブルも少なくていいです。
通常のお葬式では、関係性が余り深くない方も参列する事があり、マナーを重視しなければ、非常識になってしまいますが、親しい仲の方達だけで行えば、多少の事は許されますので、緊張する事なく、素のままで故人との別れを行えて記憶に残るお葬式になりやすいです。

Page Top