前へ
次へ

参列者への気遣いや対応で疲れない家族葬

世界と比べても日本人のおもてなしや気配りの心はとても細やかであり、人をもてなしたり配慮する気持ちと行動のレベルはとても高いです。
そんな日本人ですからお葬式の時にも、参列者への細やかな心配りを忘れることはありません。
心身共に元気な時であればよいですが、お葬式ともなれば遺族は悲しみの中にあり、元気いっぱいなはずがないです。
その中で無理をして気遣いをするのは、とても疲れてしまいます。
次々に訪れる参列者への対応に気疲れをすることもないのが、近年注目を集めている家族葬です。
過剰な気遣いをする必要のない家族葬であれば、故人との最後を心を込めて温かく過ごすことができます。
多くの参列者があると言うことは、故人がそれだけ生前に多くの人と関わってきた証です。
感謝の気持ちを込めて気遣いをしながら対応をして、他にも忙しくやるべきことをこなすことになります。
心が弱っているときに、かなり疲れることでもあるので、精神的も余裕を持った葬儀にするなら家族葬です。

Page Top